元ソープ嬢の自分語り

元ソープ嬢が在籍当時を色々振り返ります

ブス嬢が可愛いと言われた方法

ブライトララ コスチューム パンプキン ハロウィン コスプレ衣装 かぼちゃ キュート 仮装 レディース kp0013or-L

きっかけは忘れたのですがある日ふとコンタクトレンズを買おうと思い立ちました。

 

(それまで仕事中は裸眼、家では眼鏡をかけていました。)

 

 

 

そして買ったのですが、装着してみたらとんでもない事が起こります。

 

 

 

え?

 

めっちゃブス…。

 

 

私はフラフラと床にへたり込み、横になってしばらく呆けました。

 

現実を受け止めるのに少し時間が必要だったのです。

 

 

多少自覚していない事も無かったのですが、

 

毛穴まで見えるほど自分の顔をはっきりくっきり見るのは初めてで、

酷いショックを受けました。

 

 

私、こんなに顔長かったんだ…。

 

 

裸眼の時は顎の下に入る影のせいかそこまで面長には見えませんでした。

 

眉毛もおかしい。

 

なんたる憎たらしいブサイク顔。

 

顎だけでなく鼻の下も長い。

 

ただ目が大きいだけ。

 

それがまたギョロギョロ悪目立ちしているのです。

 

確かに、眼鏡で見た時は顔が長く見えていました。

 

それは気付いていました。

 

しかしそれは

 

眼鏡のレンズが像を歪ませているに違いない

 

と思っていました。

 

写真で顔が長く写るのも像の歪みだと思っていました。

 

ブスと言われる事も時々はありましたが、

 

「めちゃくちゃ可愛い!タイプ!」

 

と言われる事もしばしばあったので、

 

調子には乗れないけど、正直ソコソコいけてる顔なんじゃないかと思っていました。

 

 

一体どういう事なのか自分なりに分析したところ、

 

 

視力が普通以上の正直な人は素直に私をブスだと言い、

 

 

視力が普通以上の優しい人は私の顔には言及せず、

 

 

視力が低い人、もしくはマニア、あるいはお世辞好きの人は私を可愛いと言ってくれていた

 

 

…という自分史上最高に客観的に導き出したリアルに到達できました。

 

これは思い込みの激しい私には大革命

 

普通の人なら評価がそこまで矛盾するわけないだろう

ともっと早くに気が付きそうですが…

 

こうして書きながら、発達障害という言葉が頭を過ります。

 

精一杯弁解すると、

 

私の解釈フィルターは幼い頃から浴びていた都合の良い言葉で目詰まりを起こしていたのかもしれません。

 

父はいつも私を世界一可愛いと言ってくれました。

 

実際、小さい頃の私は本当に可愛いかったです。

 

大人になってからの写真も、笑った写真なら可愛いかったです。

 

全体の8割以上を占める可愛いくない写真はレンズの歪みだと思って捨てていました。

 

元夫も可愛いと言ってくれていました。

 

離婚間際はブスと言われましたが。

 

占いは良い事しか信じないタイプの人間でした。

 

なんだかよくわからないが褒める人は大絶賛するのだからそういうことにしておきたい…と。

 

だが現実は…?

 

元夫には毎日のように「私アゴ長く見える?」と聞いていました。

 

写真で顔を撮られるといつもアゴが長く見えるのに、 鏡の中の自分はそこまで長く見えない。

 

いや、たまに長い?

 

いや長くない。

 

自分ではよくわからない(よく見えない)から

 

長くないと言ってほしい。

 

もはや現実逃避です。

 

 

「大丈夫だよ、普通だよ」

 

 

元夫はそう言ってくれていましたが、あまりにも毎日聞くのでウンザリされました。

 

 

私は乱視です。

 

乱視は見る物全ての像がボケボケで輪郭が曖昧になるので、

 

私は人間の脳の自動補完機能が都合よく補完した、美化された自分を見ていました。

 

時折至近距離で鏡を見た時に現実が見えかけた事もありましたが、

 

そういう時は何時間でも鏡を見て、

 

顔が長く見える時と長く見えない時がある不思議を

 

結局鏡の歪みのせいだと結論づけていました。

 

 

しかし乱視用コンタクトレンズの装着によって全ての思い込みは幻になりました。

 

鏡に映るのは紛れもないブスの自分。

 

残酷な現実はとても受け入れがたく、涙がこぼれ落ちました。

 

 

(自分が見えていなかっただけで、

 

目の良い人達は皆この顔を見ていたのだ。)

 

 

そう考えたら恥ずかしくて死にたくなりました。

 

なんだこの顔は。

 

なんだこの弛んだだらしのない口元は。

 

そして顎が長い。

 

無駄に顎が長い。

 

測ってみたらみたら3センチと7ミリもありました。

 

整形しようか…

 

そう思って美容形成外科のサイトをいくつか見ました。

 

骨切り100~130万 。

 

安くても80万。

 

でも安いところは怖い。

 

それ以前にソープ嬢のくせに貯金はそれ以下でお金が全く足りません。

 

(この頃はまだ売れていませんでした。)

 

 

考えろ…

 

どうすればいい?

 

考えろ…

 

 

ふと、笑った顔だけマシに見える事を思い出しました。

 

歯を見せて笑った時の顎の長さを測りました。

 

ちょうど3センチでした。

 

なるほど、7ミリも違えば確かにマシに見えるものだと気が付きました。

 

美容の世界ではミリ単位の変化がものをいうといいます。

 

今度は口を閉じてニッと笑って顎の長さを測ります。

 

4センチ。

 

伸びてる!?

 

違う!

 

口元を引き締めて、笑う時の唇の位置を変えてみました。

 

 

貴族のような優雅なスマイルを意識して唇を低い位置に保ったまま笑います。

 

 

結果、3センチ3ミリ

 

 

なんと…!

 

通常時と比べて4ミリも短いではありませんか。

 

これはいけるんじゃないかともう一度鏡で顔全体を見ました。

 

 眉毛が気持ち悪い。

 

ゴリラのようです。

 

眉毛のメイクを落としてみました。

 

ノーメイクのほうがいくぶんかマシに見えます。

 

なるほど、顔が見えず化粧がちゃんとできていなかった事に気が付きました。

 

そこで今度は何度も描いては消して描いては消して一番良い眉毛を探ってみました。

 

 

 

完成した眉毛、そして顔全体を見ると、たまらなくドキドキしました。

 

顔だけではなく、何かが大きく変わっていくような予感がしました。

 

 

 

わかったことは、

 

顔がしっかり見えていると全体のバランスを見ながら自分に最適なメイクができるという事。

 

そして顔のパーツはできる限り下に下げた方が可愛らしさが出る

 

という事でした。

 

眉毛は不自然に見えない限界まで目に寄せて描き、

 

オデコ側は少し剃り落としました。

 

唇の一番下から顎先までの距離を唇の操作で4ミリ縮め、

 

眉毛の一番上から顎先までの距離を約2ミリ強、縮めた顔は、

 

口元も引き締まってすっきりクールに見違えました。

 

この顔をキープすればブスとは言われまい…!

 

 

 

翌朝ソープのお店に出勤すると、数少ない本指名のお客様に こう言われました。

 

 

「…なんか顔小さくなった?」

 

 

心なしか私の顔を見ている時間が長い気がします。

 

時々見とれているような。一瞬ですが。

 

確かな手応えを感じました。

 

 

その後も出勤を重ねていくと確実に以前よりも褒められる回数が多い。

  

 

 

「あれ?なんか顔変わった?」

 

 

 

「あれ?なんか可愛くなった??」

 

 

あまりにも褒められるので、お客様との対面が楽しみになってしまう日々の幕開けです。 

 

そして… プレイ内容の向上もあって3年目には指名だけで出勤時間が埋まるようになったのです。

 

 

残念ながら自撮り以外の写真のブサイクさには劇的な改善が見られずソープのプロフィール用に撮影した写真は8割以上がブスでしたが…。

 

(どのみち顔はモザイクをかけるのですが)

 

 

あと、この時点で若さのピークだったらしく楽しい期間は1年半ほどしかもたず

 

その後は「劣化した」と言われないよう若見えメイクに必死になりとても疲れました。

 

 

とはいえ、

 

 

自分の顔を正しく認識すれば

 

表情やメイクだけで印象は変えられると気付けたので、

 

あの時コンタクトレンズを買って本当に良かったです。

 

 

 

自分の顔がちゃんと見えるって大事

 

だなと知った出来事でした。

ブライトララ コスチューム パンプキン ハロウィン コスプレ衣装 かぼちゃ キュート 仮装 レディース kp0013or-L

 

**

ここまでお読み下さり誠に有り難うございます。

 
にほんブログ村

いいね!のかわりに↑の「風俗嬢日記」のバナーをポチっとしていただけると大変励みになります。

 
エッチ系の話題(ノンアダルト)ランキング

↑こちらもポチっとして下さると嬉しいです。

 

最後までお読み下さった事に心から感謝致します。

有り難うございました。